前へ
次へ

スキンケアのためコンビニでサラダを買う

かつては生活習慣病の原因になると言われることもあったのがコンビニ食です。
軽食としてお弁当やおにぎりなどしか売られていなかったので、それだけを食べると栄養が偏るからでしょう。
でも最近はお弁当の近くにサラダが売られていて、女性だけでなく男性も買う人が多くなっています。
中にはサラダをメインにした丼や麺類などもあり、これらを食べていればしっかり野菜の摂取が出来そうです。
スキンケアにとっても野菜は必要なので、コンビニ食でも肌を健康に保てると感じるかもしれません。
コンビニで売られているサラダはカット野菜で、しかもキャベツやレタスなどの葉物野菜が中心になっています。
スキンケアにおいて必要な野菜としては緑黄色野菜で、それ以外にもニンジンなども必要ですが、コンビニのサラダでは少し足りないかもしれません。
さらにカット野菜の問題としてカットされるとビタミンなどの栄養分が失われやすくなる点でしょう。
スーパーなどで丸ごと野菜を買って、それを自分でカットして食べた方がスキンケアにとっては良いと言えそうです。

Page Top